ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ミッションオイル > ミッションオイルの役割と交換時期

ミッションオイル

ミッションオイルの役割と交換時期

スポンサードリンク

ハーレーのビックツインでは、エンジン・ミッション・プライマリーが別体になっています。そのため、それぞれ使用するオイルも異なってきます。まずは、ビッグツインに用いるミッションオイルを見ていきましょう。このミッションオイルの特性はエンジンオイルと比べると若干違ってきます。エンジンオイルの役割については「エンジンオイルの役割」をご覧下さい。

ミッションオイルの特性
トランスミッションの役割については、こちらを見ていただければ分かりますが、このトランスミッション内には多くのギアが設置されています。

このギアが作動する際に、部分的に強く圧力が掛かる性質があるため、その部分的に強く掛かる圧力=局圧による金属摩擦による磨耗を防ぐ特性をミッションオイルは持っているのです。

また、対発泡性の特性も強いです。これは、ギアの回転によって同じところでオイルがかき回され続けると、どうしても泡立ってしまい、オイル粘度を維持し難くなる為です。
だから、発泡し難い特性を持たせているわけですね。

ミッションオイルの交換時期
ミッションはエンジンと比べると、それほど高温ではない為、オイルの劣化はそれほど激しくありません。よって、エンジンオイル2回に1回の割合で交換すれば大丈夫でしょう。

次にスポーツスターのミッションオイルについてです。

スポーツスターでは、ビッグツインと異なり、ミッションとプライマリーが一体式のため、スポーツトランス・フルードというオイルを使います。

つまり、ビッグツインエンジンではエンジンオイルとミッションオイル、プライマリーオイルと3種類のオイルを使うところ、スポーツスターでは、エンジンオイルとスポーツトランス・フルードの2種類のオイルを使う事になります。

この、スポーツトランス・フルードはプライマリーも潤滑するので、プライマリーケース内にあるクラッチの潤滑も行いますが、ビッグツインでは、ミッションとプライマリーが別体式の為、ビッグツイン用のミッションオイルでは、クラッチの潤滑作用はいらず、この為クラッチを滑らせてしまいます。

つまり、スポーツトランス・フルードでは、ミッションの対局圧性と対発泡性に加えて、クラッチを滑らせないで潤滑する役割も持たされているのです。ですから、同じハーレーダビッドソンでも、それぞれ専用のオイルを用いる事が基本となりますよね。

また、スポーツトランス・フルードの交換時期は、ビッグツインのミッションオイルと同じと考えて、エンジンオイル2回に1回の交換で大丈夫とされていますが、市街地等を良く走ったり、シフトチェンジを多く行うような乗り方をしている場合は、エンジンオイルと同じ頻度で交換しても良いかもしれません。スポスタはミッションとプライマリー一体式に対して、使用するオイル量が1クォートと少ないためと、スポスタのミッションは比較的弱いと言われている一面もあるからです。

>>ハーレー用ミッションオイルパーツはこちら


スポンサードリンク


スポンサードリンク