ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ミッションオイル > ハーレーミッションオイルの交換方法

ミッションオイル

ハーレーミッションオイルの交換方法

スポンサードリンク

ここでは、2006年式ツーリングモデルをベースにですが、各モデル・年式にも共通する点を押さえながら、ミッションオイルの交換方法を見ていきましょう。また、スポーツスターモデルはミッションとプライマリーが一体式のため、こちらのページで紹介しているミッションオイルの交換方法は当てはまりません。そのため、プライマリーオイルの交換方法の方が参考になるかも知れません。


「まずはミッションケースのオイル注入口を工具で開けます。」

エンジンオイルの交換同様、車体を安全で平坦な場所に置き、ミッションケース下部のドレンプラグを緩めるとミッションオイルが抜けてきます。この時、廃油を垂れ流さないように、廃油受けなどに確実に入れるようにしましょう。

廃油を吸収して可燃ゴミとして扱える廃油ポイなどがあるので、それらを活用して下さい。
この時、オイルの注入口を緩めると、圧が抜けてより廃油スピードが増します。


「廃油が飛び散らないように注意です^^」

廃油に異物がないかをチェックします。もし、異物(鉄のかけら)などがあったり、鉄粉が異常に多かったりした場合は、エンジンの異常が考えられるので、バイクショップに診てもらった方が良いでしょう。

ドレンプラグに付着しているオイルや、鉄粉などもパーツクリーナーなどで綺麗にしましょう。また、O−リングは基本的に毎回交換ですが、特に破損が無ければ再使用しても構いません。

ドレンプラグを綺麗にしたら、O−リングがしっかりと装着されているか確認して、ネジ山にオイル漏れ防止として、スレッドシーラントといわれるケミカルを塗布します。このスレッドシーラントはエンジンの熱で固まるケミカルなので、塗布後、あまり時間をおいて乾燥させなくても大丈夫です。

ドレンプラグを取り付ける時は、まずは工具を使わずに必ず手で取り付けます。手で回せるところまでしっかりと回します。手で回せなくなってから初めて工具を使います。

工具で締める際も、思いっきり締め付けるのではなく、軽く小分けにしながら締めていき、
これ以上回らないな、という点まできたら、スナップを効かせて1度だけ締め付けます。

これで取り付けはOKです。そして、ドレンプラグ周りに付着した廃油を綺麗にふき取ります。これは、オイル漏れが発生していないかどうかを確認する為でもあります。

ハーレーミッションオイル交換写真その3.JPG
「こぼれやすいので少しずつ様子を見て入れます。」

規定量まで、いきなり入れるのではなく、少し手前の量で一度オイルゲージの確認を行います。ミッションオイルの計測は必ず車体をジャッキなどで垂直させた状態で計測を行います。サイドスタンドで立てている状態では正確な計測は出来ませんので、気を付けてくださいね。

ハーレーミッションオイル交換写真その4.JPG
「計測する際、オイルゲージはねじ込まずにポンと置くだけです。」

ハーレーミッションオイル交換写真その5.JPG
「Fと書いた文字のすぐ下が規定量の上限です。」

また、オイルゲージはミッションケースにねじ込まず、置いた状態で計測を行います。
足りない量を継ぎ足してミッションオイル交換は終了です。

スポンサードリンク


スポンサードリンク