ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > エンジンオイル > エンジンオイルの分類  「ベースオイル」

エンジンオイル

エンジンオイルの分類  「ベースオイル」

スポンサードリンク

ハーレーにとって大切なエンジンオイル。【エンジンオイルの役割】ではその重要性をお話ししました。ここでは、そのエンジンオイルには様々な種類がある事をお伝えしていきますね。

エンジンオイルとはベースオイルと呼ばれるものに様々な添加剤を加え、その性能を発揮出来るようにオイルメーカーが開発したものです。いわば、オイルメーカーが料理人、ベースオイルが食材、添加剤が調味料といった関係性に置き変えられますね。

このベースオイルですが、大きく3つに分けられます。鉱物油化学合成油、そして部分合成油です。

「鉱物油」
原油から精製されるベーシックなオイルです。原油の産地によってその性能・特性は若干左右される傾向があり、高温化では性能を十分発揮しにくい点があります。

しかし、オイルとしての基本的な性能は保持しており、かつ、低コストで製造する事が出来るので、最もポピュラーなベースオイルと言えます。

「化学合成油」
化学的に合成されたオイルを指します。高温下でも安定した性能を発揮する事が出来る高性能なベースオイルです。ただし、高コストな為、ユーザーにとっては価格が高い事がウィークポイントと言えるでしょう。

「部分合成油」
鉱物油と化学合成油とのブレンドオイルです。化学合成油の性能を部分的に持ち合わせながらも、化学合成油ほど価格が高くないのが特徴のベースオイルです。

これら3つのベースオイルをもとにして製造されたエンジンオイルを自分にあった条件で選ぶわけですね。ハーレーエンジンには、どのベースオイルが一番良いのか?という話題がハーレーオーナーにとって興味のある話題となっています。それだけ、エンジンを大切にしているハーレー乗りが多いという事ですね。基本的には、ハーレーのエンジンには鉱物油が用いられることが多いようです。

これは、ハーレーの純正オイルが鉱物油ベースであることも関係していると思います。ただし、一部の情報では、鉱物油ベースの純正オイルも実は部分合成油ベースであるとの話もあるようです。

メカニックによっても、ハーレーエンジンには鉱物油が良いのか?化学合成油が良いのか?について、色々な意見があるようですが、ノーマルエンジンでごく普通に走る方であれば、純正相当の鉱物油で問題はない、との意見が大方であるという印象を持ちます。ただ、エンジンを弄っていたり、スロットルを開けて走るのが好き方には、化学合成油もお勧めかも知れませんね。

また、オールドハーレーはエンジンのクリアランスやガスケットの性能上、化学合成油は避けたほうが良い、というのが通説ですが、一方でしっかりと組んだエンジンでガスケットも最新のものを使用すれば、化学合成油を使用しても問題はない、との意見もあります。実際に、有名オイルメーカーなどから、ハーレー向けの化学合成油が発売されているくらいです。

やはり、これはオーナー自らが実際にハーレーに跨り、乗ることによって、自分のハーレーに合ったエンジンオイルを選択するのが一番のようですね。

>>ハーレー用エンジンオイルはこちらからどうぞ

スポンサードリンク


スポンサードリンク