ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > エンジンオイル > ハーレーのエンジンオイル交換方法

エンジンオイル

ハーレーのエンジンオイル交換方法

スポンサードリンク

ここから、具体的にハーレーのエンジンオイル交換方法を見ていきたいと思います。
管理人のTC88ロードキングの場合ですが、写真を交えて紹介します!

エンジンオイルを交換するに当たっては、エンジンを暖める事から始めます。

これは、エンジンが冷えている状態だと、エンジンオイルの抜けが良くない為です。特にハーレーは ドライサンプなので、エンジンを温める事によって、エンジンオイルを柔らかくして、流動性を高めて抜けを良くするという事ですね。

レブテックエンジンオイル&オイルフィルター.jpg
今回使用したエンジンオイルはハーレーのカスタムパーツを多く取り扱っているレブテック製の化学合成オイルとK&N製オイルフィルターです。


>>レブテックエンジンオイルはこちらからどうぞ


厳密に言うと、10〜20kmくらい走ってから作業を開始した方が、よりエンジンオイルの抜けが良いのですが、暖気運転を5分くらいでも構わないでしょう。出来ればジャッキアップすると、作業は行いやすいですが、ハーレーは車重があるので気を付けましょう。また、火傷にも要注意ですね。

ロードキング写真.jpg
ジャッキアップして、ハーレーの車体を平行にした状態です。

車体を安全で平坦な場所に置きます。さて、いよいよエンジンオイル交換です。エンジン下部のドレンプラグを緩めるとエンジンオイルが抜けてきます。この時、オイルを垂れ流さないように、オイル受けなどに確実に入れるようにしましょう。

ハーレーエンジンオイル交換写真1.jpg
車体下にオイル受けを設置した状態です。

廃油を吸収して可燃ゴミとして扱える廃油ポイなどがあるので、それらを活用して下さい。
この時、エンジンオイルの注入口を緩めると、圧が抜けてより排出スピードが増します。

ハーレーエンジンオイル交換写真2.jpg
エンジンオイル注入口を外していない状態での廃油排出状態です。

ハーレーエンジンオイル交換写真3.jpg
エンジンオイル注入口を外しての排出状態です。勢いが違いますよね。

廃油に異物がないかをチェックします。もし、異物(鉄のかけら)などがあったり、鉄粉が異常に多かったりした場合は、エンジンの異常が考えられるので、ハーレーショップに診てもらった方が良いでしょう。

ハーレーエンジンオイル交換写真4.jpg
約3000km走行した廃油です。やっぱり黒いですね〜。

ドレンプラグに付着しているオイルや、鉄粉などもパーツクリーナーなどで綺麗にしましょう。また、O−リングは基本的に毎回交換ですが、特に破損が無ければ再使用しても構わないようです。

ドレンプラグを綺麗にしたら、O−リングがしっかりと装着されているか確認して、ネジ山にオイル漏れ防止として、スレッドシーラントといわれるケミカルを塗布します。このスレッドシーラントはエンジンの熱で固まるケミカルなので、塗布後、あまり時間をおいて乾燥させなくても大丈夫です。または、防水用のシールテープなどでも大丈夫のようです。ただし、シールテープだとオイルラインを詰まらせてしまう、という情報もあります。

スレッドシーラント写真.jpg
ドレンボルトのネジ部分にスレッドシーラントを塗布した状態です。

ドレンプラグを取り付ける時は、まずは工具を使わずに必ず手で取り付けます。手で回せるところまでしっかりと回します。手で回せなくなってから初めて工具を使います。

工具で締める際も、思いっきり締め付けるのではなく、軽く小分けにしながら締めていき、
これ以上回らないな、という点まできたら、スナップを効かせて1度だけ締め付けます。

これで取り付けはOKです。そして、ドレンプラグ周りに付着した廃油を綺麗にふき取ります。これは、オイル漏れが発生していないかどうかを確認する為でもあります。

ここまでで、エンジンオイル交換自体は終了ですが、次のページではオイルフィルター交換をやっていきますね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク