ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > グリスアップ

グリスアップ

バイクにはたくさんの稼動部分があります。
ハーレーも例外ではありません。稼動箇所によっては定期的なグリスアップも必要になってきます。

スポンサードリンク

ハーレー ステアリングステムのグリスアップ

ハーレーのネック部分にあり、ハンドリングに関係してくるステアリングステム。ホイールベアリングのように激しく回転している箇所ではないため、それほど頻繁にグリスアップする必要性はないようですが、ベアリングがある箇所なので、基本的には定期的なグリスアップは必要となると思います。

「ハーレー ステアリングステムの...」詳細はこちら

ハーレースロットルケーブルのグリスアップ

スロットルとキャブレーターを繋ぐケーブル。それがスロットルケーブルです。この箇所も定期的にグリスアップすることにより操作性の維持が期待出来ます。

「ハーレースロットルケーブルのグ...」詳細はこちら

ハーレー クラッチケーブルのグリスアップ

ハーレーのクラッチケーブルは重いと評判です。確かに国産バイクと比べると重めかも知れませんが、クラッチレバーやケーブル周辺への定期的なグリスアップによって、意外をその操作性は変わることがありますよ!

「ハーレー クラッチケーブルのグ...」詳細はこちら

ハーレーのグリスアップ

ハーレーダビッドソンには沢山の可動部分があります。そしてこの可動部分がスムーズに動いてこそ気持ちの良い走りが出来るのです。その為にはグリスアップが必要になってきます。ここでは、グリスアップが必要な様々な箇所を紹介します。

「ハーレーのグリスアップ」詳細はこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク