ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > グリスアップ > ハーレースロットルケーブルのグリスアップ

グリスアップ

ハーレースロットルケーブルのグリスアップ

スポンサードリンク

スロットルとキャブレーターを繋ぐケーブル。それがスロットルケーブルです。この箇所も定期的にグリスアップすることにより操作性の維持が期待出来ます。

★スロットルケーブルのグリスアップ
ハーレーを運転していて、スロットルが何か重いな?と感じた事はありませんか?
もしあるとしたら、グリスアップをしてみてはどうでしょうか。

このスロットルケーブルは実はとても酷使されている部分の一つなのです。雨風や埃によりグリスが切れてしまい、その操作性は悪くなりがちです。また、グリスが切れた状態で乗っていると、ケーブルの切断にも繋がりやすくなります。危ないですよね?

スロットルケーブルをグリスアップするには、まず、スロットルケーブルを緩めなくてはいけません。ケーブルについているアジャスターをそれぞれ最大限まで緩めます。こうする事によって、ケーブルの遊びが大きくなり、ケーブルの取り外しが出来るのですね。

次にハンドル右側のスロットルホルダーを固定しているボルトを外します。するとスロットルケーブルの先端部分の通称タイコと呼ばれる部位がスロットルハウジングにはめられています。

このタイコ部分をハウジングから外します。外す時はケーブルを痛めないように気を付けて下さい。ここで必要になってくるのが、極細のノズルが付いているスプレータイプのグリスです。バイクショップやホームセンターで手に入ります。

このスプレーグリスの先端をケーブルホースの内側に差込みます。グリスが周りに飛び散らないように、雑巾などで差し込み口を覆ってから、グリスを流し込んでください。

何度かに小分けして、グリスを流し込むと、エンジン右側にあるキャブレーター付近にある、スロットルケーブルのもう片方の先端からグリスが流れ出てきます。

最初は汚れているかもしれませんが、流れ出てくるグリスがきれいになっていればOKです。スロットルハウジングにケーブルを留めるときには、タイコ部分もしっかりとグリスアップして下さい。この時、使うグリスはスプレーグリスよりも粘度の高いものが良いでしょう。

あとはホルダーを組み立てて、アジャスターを調整します。この時の調整に目安としては、好みはありますが、スロットルの遊び幅が3〜5mmくらいでしょうか。また、このアジャスターも錆びやすいので、粘度の高いグリスをしっかりと塗布して下さい。

スロットルケーブルをグリスアップする頻度としては、半年に1回くらいは行っておきたいです。

実際にエンジンを始動して、ハンドルを左右に切ります。これはスロットルケーブルが引っ張られていないかを確認するためです。エンジンの回転数に変化がなければOKです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク