ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > プライマリーチェーン > ハーレーのプライマリーチェーン調整方法

プライマリーチェーン

ハーレーのプライマリーチェーン調整方法

スポンサードリンク

プライマリーチェーンの遊び適正値の確認と調整について、ご紹介します。

プライマリーチェーンの適正値を確認する為には、まずバッテリーのマイナスターミナルの接続を外す必要性があります。チェーンの調整なのに、何故バッテリーを外すのでしょうか?

それは、何らかの誤作動でセルモーターが回ってしまわないようにする為です。
セルモーターが回れば、プライマリーチェーンも回ってしまう可能性がありますよね。

チェーンを調整する際には、直接的に指でチェーンを触るので、怪我をする可能性があり、その危険性を回避するという理由があります。

バッテリーを外すには、まずシートを外します。(モデルによって異なりますが)
マイナス側のターミナルを外したら、ターミナル先端が金属部分に接触しないように、
念の為、絶縁テープ(ビニールテープ)などで、先端を巻いておくと良いかもしれません。

次に、前後シリンダーのプラグを外します。
プラグを外す理由は何でしょうか?

これは、プライマリーチェーンを調整する際に、リアタイヤを回して、チェーンが一番張っている箇所で調整を行う為です。

プライマリーチェーンを回すには、ギアを入れた状態で、リアタイヤを回す必要性があります。また、プライマリーチェーンが回るという事は、クランクシャフトが回るという事です。

クランクシャフトが回れば、ピストンも上下運動を行いますから、シリンダーヘッドにプラグが差し込まれたままでは、圧縮が抜けず、結果として、プライマリーチェーンを回せなくなるのです。

プラグを外す際は、プラグホール周辺にほこり・ごみなどがないかの確認と、あればそれら異物を取り除いてください。

プラグコードを抜く際は、コードではなくキャップ部分をしっかりと持って抜きます。
そうしないとコードが損傷する可能性があります。

コードが抜けたら、あとはプラグレンチでプラグを取り除くだけです。
プラグを取り除いたら、プラグホールに異物が入らないように気を付けて下さい!

スポンサードリンク


スポンサードリンク