ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > ハーレーダビッドソン誕生

ハーレーの軌跡

ハーレーダビッドソン誕生

スポンサードリンク

アメリカ北東部にあるミシガン湖に程近い街、ミルウォーキーで、 2人の若者、ウィリアム・S・ハーレーと、その友人であるアーサー・ダビッドソンが、 自分達の夢を形作る為に、日夜奮闘して、モーターサイクルを製作していました。

当初はウィリアムとアーサーの2人だけだったのですが、アーサーの兄であるウォルター・ダビッドソンが加わり、1903年にハーレーダビッドソン1号車が完成したのです。

この記念すべきハーレー1号車は、今のハーレーの代名詞であるV-TWINエンジンではなく、単気筒エンジンで、その排気量は409cc、馬力は3馬力と、現代のバイクの観点からすると、とても非力なものではありましたが、この1号機からハーレーダビッドソンは始まったのです。

 今でこそ、世界中にその名をとどろかす、ハーレーダビッドソンですが、最初はダビッドソン兄弟の父親が作った小屋が工場代わりでした。

そして、記念すべきハーレー1号機のキャブレーターには、なんと、ダビッドソン兄弟の母親からもらった、トマトの缶詰の空き缶を流用していました。今なら考えられない事ですよね?

この1903年という年は、あのライト兄弟がフライトに成功しており、また、ヘンリー・フォードがフォード社を設立しています。飛行機や自動車といった、エンジンを用いた工業産業時代の幕開けを象徴しているような年でもありました。

1904年、1905年と改良、生産を行い、1906年には、サイレント・グレー・フェローと呼ばれるモデルを発表。50台を製作・販売しました。

そして、1907年には、ウィリアム・A・ダビッドソンが上記の3人に加わり、正式にHARLEY-DAVIDSON MOTOR COMPANYは設立したのです。

つまりダビッドソン3兄弟と、その友人のウィリアム・S・ハーレーの4人が創業者だから、ハーレーダビッドソンと命名されたわけです。ハーレーダビッドソンという社名は、2つの名前を合わせたものだったという事ですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク