ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > フラットヘッドエンジンの登場

ハーレーの軌跡

フラットヘッドエンジンの登場

スポンサードリンク

1929年、それまでのハーレーダビッドソンモデルに搭載されていたエンジンとは異なるエンジンを搭載したモデルの発表がありました。そのエンジンが、フラットヘッドエンジンであり、バルブ駆動はサイドバルブでした。

このフラットヘッドエンジンは、それまでのモデルよりも約15〜20%もの出力アップに成功しています。また、このフラットヘッドでは、多くのモデルがリリースされているのも特徴です。

750ccフラットヘッドエンジンを搭載したWLモデル、1200ccフラットヘッドエンジンを搭載したV/VLモデル、1340ccフラットヘッドエンジンを搭載したULモデルなど、様々なモデルが発表されています。

また、フラットヘッドは軍用車や警察用車両としても採用されており、750ccフラットヘッドエンジンを搭載した3輪形式のSERVI-CARと呼ばれるGモデルや、2輪のWLAモデルなどもありました。

フラットヘッドエンジンの特徴として、その部品点数の少なさによるメンテナンス性の良さが挙げられます。だからこそ、過酷な状況下での使用となる軍用車にも採用されたというわけです。

フラットヘッドエンジン写真.jpg
「現代では貴重なエンジンとなったフラットヘッド」

750ccモデルはベビーツインと呼ばれ、1200cc、1340ccモデルはビッグツインと呼ばれ、ベビーツインはスポーツスターファミリーの先祖的存在のKモデルへと繋がり、ビッグツインはナックルヘッド以降のビックツインへと繋がっていきます。

1932年、何と日本で三共という会社がハーレーダビッドソンのライセンスを取得して、
その3年後にフラットヘッドエンジンを搭載した、和製ハーレー 陸王1号機が発表されたのです。

しかし、残念ながら、この和製ハーレー陸王は1960年で生産中止となってしまいました。
現在でも、ビンテージマニアの方には根強い人気を誇るモデルのひとつです。

現在では、このフラットヘッドエンジンはハーレーダビドッソンでは造られていませんが、1929年〜1974年の長きに渡って製作され、ハーレーの歴代エンジンとしては最も長期間ラインナップされたエンジンなのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク