ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > 初代OHV ナックルヘッドエンジン登場

ハーレーの軌跡

初代OHV ナックルヘッドエンジン登場

スポンサードリンク

1936年、今までのサイドバルブとバルブ機構が異なる新型エンジンを搭載したモデルを発表します。そのエンジンこそが、通称ナックルヘッドです。

この年に発表されたELモデルの排気量は1000ccで、前後18インチのタイヤを履いたモデルでした。そのエンジン造形は独特で、ロッカーカバーの形状が拳のような形をしていた事から、このナックルヘッドという愛称が付けられました。

ナックルヘッドエンジン写真.jpg
「まさに拳のようなロッカーカバーのナックルヘッドエンジン」

このナックルヘッドから、シリンダーの上部にバルブを設置する機構である、オーバーヘッドバルブ=OHVを採用します。OHVを採用する事によって燃焼効率が上がり、40PSとより出力を得られるようになったのです。

また、このOHV機構は現代のハーレーにも脈々と受け継がれており、まさにハーレーの伝統であり、こだわりのスタイルのひとつなのです。

1939年にはデイトナの砂地で、このナックルヘッドを搭載したEモデルが、最高速度約220キロという記録をマークしました。これはライバルである、あのインディアンモータースの記録を打ち破る快挙となったのです。

結果、ハーレーダビッドソンは、インディアンモータースに対して、大きくその優位性をアピールする事に成功しました。この頃より、インディアンモータースは業績が思わしくなくなっていきます。

サイドバルブエンジンがメインだったインディアンモータースに対して、ハーレーダビッドソンが開発したOHV V-TWINエンジン ナックルヘッドがまさに、両社の明暗を分けたとも言えるでしょう。

1941年に入って、排気量が1200ccとなるFLモデルの発表がありました。このFLモデルは排気量アップと共に、広大な大陸をより快適に走破する為のクルーザー的な要素を持たされ、今まで18インチだった前後タイヤを16インチに変更して、そのライドフィーリングをよりマイルドなものにしています。これ以降、FLモデルの定番は前後16インチとなっているのです。

ハーレー初のOHV V-TWINエンジン ナックルヘッド。今のビッグツイン系エンジンの礎を築いたと言える記念すべきエンジンなのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク