ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > 軽快なスポーティモデル スポーツスター登場

ハーレーの軌跡

軽快なスポーティモデル スポーツスター登場

スポンサードリンク

1950年代初頭、ハーレーと比べると軽快でスポーティーな、トライアンフなどのヨーロッパ製のオートバイがアメリカに輸入されるようになりました。つまり、ハーレーダビッドソンを脅かす存在が海外から出てきたという事です。

そこで、1952年に登場したのが、後にスポーツスターを生み出す事に繋がる、4カムサイドバルブエンジンを搭載したモデルKでした。このモデルKは、今までのハーレーの外観とは異なった、細身でスポーティーなオートバイだったのです。

エンジン構造も、今までのハーレーのビッグツインエンジンとは異なり、ミッションユニット一体式のコンパクトなエンジンでした。これは、スポーツ走行を楽しむために、フレームへの負担を減らす、という理由がありました。

また、ハーレー初となる、スイングアームを採用し、リアショックを搭載した、まさに走りを意識したスポーツモデルの草分け的存在だったのです。

この4カムサイドバルブ Kモデルから発展して、1957年にスポーツスターが誕生しました。このスポーツスターはKモデル同様、ヨーロッパ車のイメージを取り入れた、軽快でスポーティーなモデルとして発表されました。

スポーツバイクの証として、1カム機構のビッグツインエンジンとは異なる4カム機構をそのままに、サイドバルブエンジンではなく、OHV方式を用いたショベルヘッドエンジンを搭載し、XLHやXLCHなどのモデルが生産されたのです。

このスポーツスターエンジンの特性は、ビッグツインエンジンよりも高回転、高出力方である事が挙げられます。現在では、ショベルヘッドエンジンからV2エボリューションエンジンへと変更され、よりスポーツ走行を楽しめるモデルとなったのです。

現在のスポーツスターの排気量は1200ccと883ccの2つがありますが、1200ccは分かるとして、883ccという中途半端とも感じられる排気量の大きさは何故だと思いますか?

この900cc手前での排気量設定はKモデルの頃からありました。その理由はアメリカでは900cc以上の排気量は税金が高いため、この900cc手前の排気量に設定して、かつ、装備も簡素化する事によって、コストダウンを行い、多くの人々にハーレーを知ってもらいたい、という経営戦略からだったのです。

現在でも、ビッグツインモデルと比べると、スポーツスターは比較的手に入れやすいモデルですが、そのスタイリッシュなスタイルで鼓動感を感じる事が出来る、他のモデルとは一線を画すハーレーダビッドソンファミリーなのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク