ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > ハーレー悲運の時代 ショベルヘッドエンジン登場

ハーレーの軌跡

ハーレー悲運の時代 ショベルヘッドエンジン登場

スポンサードリンク

1960年代、経済の急成長に伴い、交通手段でもモアスピードが求められました。また、フレームの強化など、オートバイへの安全基準も厳しくなり、その対策としてハーレーダビッドソンでは、大排気量の新しいエンジンを開発する必要性が出てきたのです。
そのエンジンがショベルヘッドエンジンです。

このショベルヘッドエンジンは、1957年に発表されたスポーツスターモデルに搭載されていましたが、このエンジンのロッカーカバー部分とパンヘッドエンジンのクランクケース部分を基に新しく構造を設計しなおして、1966年に発表されました。

シリンダーヘッド部分を覆うロッカーボックスの形状がスコップのシャベルに似ている事からこのショベルヘッドという名称が付けられました。日本では何故かその発音はショベルとして定着しています。こうして、ハーレーは時代性を踏まえた新型エンジンの開発・発表を行ったのです。

ショベルヘッドエンジン写真.jpg

しかし、アメリカでの日本製モーターサイクルの台頭に対抗するために、ハーレーダビッドソンは1969年、巨大企業であるAMF(アメリカン・マシン・ファンドリー社)の傘下となります。この時代のハーレーのエンブレムにはAMF HARLEY DAVIDSONと書かれています。

このショベルヘッド時代に、ハーレーは新たなモデルや機構の開発を行っています。

今までのツアラーモデルであるFL系のフロント周りに、スポーツスターモデルであるXL系のフロントを移植したFXモデルの開発や、今まではキックのみでの始動だったのが、セルモーターを採用する事により、始動性をより良くするなど、ハーレーの挑戦は続いたのです。

ですが、第1次石油ショックに伴うコストの増大、製品の品質低下や、従業員のストライキなどもあり、高性能・低価格の日本車に対抗できず、ハーレーダビッドソンは経営の危機に陥っていくのです。

こうして見ると、ハーレーにとってはあまり良い時代ではなかったと思われる時期に発表されたショベルヘッドエンジンですが、実はこのエンジンのファンは多く、特に日本ではそのマニアも数多くいるようです。

それは、このショベルヘッドエンジンが、ハーレー独特の鼓動感を一番感じられるから、という理由かもしれませんね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク