ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > ハーレーの復権をかけたエボリューションエンジン登場

ハーレーの軌跡

ハーレーの復権をかけたエボリューションエンジン登場

スポンサードリンク

アメリカの大手機械メーカー「AMF」に買収されていたハーレーダビッドソン社を、ハーレーを真に愛する13人のハーレーダビッドソン社役員が1981年に買い戻し、ハーレーの復権をかけて満を持して1984年に発表されたエンジンがエボリューションエンジンです。

エボリューションとは「進化」を意味しており、新たなハーレーダビッドソン社が進化したMOTORCYCLE COMPANYとしての意気込みを見せたエンジンなのです。

この「進化」したエンジン、エボリューションの何が今までのハーレーダビッドソンが発表してきたエンジンと異なるのか? その特徴・特性は何なのか?そういった点を交えながらお話していきます。

今まで、ハーレーダビッドソンが発表していきたエンジンは鉄を主に採用しており、熱を持ちやすく、かつ重量があるという問題がありました。それ故にオイル管理や、渋滞、高気温下での状況では、気を使う事も多くありました。しかし、エボリューションエンジンはアルミ素材を採用して、放熱性を高くして、しかも軽量化を実現したのです。

また、新体制による品質管理を徹底して行う事により、エンジンそのものの耐久性も大幅に上がり、エボリューション以前のハーレーエンジンに良く見られたオイル漏れなどのトラブルを激減させました。まさに「進化」したエンジンです。

エボエンジン写真.jpg
「ハーレーを復権に導いたエボリューションエンジン」

その乗り味も、オールドハーレーの荒々しさを残しつつ、マイルドでパワー感溢れるエンジンフィーリングと言われ、このエボリューションエンジンに拘るマニアの方もいる程です。

このエボリューションエンジン時代には、様々なハーレーファミリーが誕生した事も特徴です。ショックが隠れたフレームデザインのソフテイルファミリーと、フロント周りをスポーティにしてスポーツ走行を楽しめるダイナファミリーの2つです。

エンジンそのもののポテンシャルの高さから、エンジンチューンの可能性をも大きく広げています。エボリューションエンジンはハーレーダビッドソン社を復権に導いたまさに「進化」した名機なのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク