ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > 更に進化を遂げたハーレーTC88エンジン登場

ハーレーの軌跡

更に進化を遂げたハーレーTC88エンジン登場

スポンサードリンク

1990年代、当時のアメリカの交通規制緩和により、最高速度の引き上げがあり、ハーレーダビッドソンにMore Powerが求められ、それまでのエボリューションエンジンに変わり1999年、新たに誕生したエンジンが、「TWINCAM88」エンジンこと、「TC88」エンジンです。

この「TC88」エンジンでは、More Powerが求められたという事で、先代エンジンエボリューションの排気量である1340ccよりも約110cc多い1450ccとなっています。

また、エンジン構造もよりパワーを得られるように、今までのハーレーエンジンでは1つだったカムというエンジンパーツを2つに増やしました。カムが2つ。だから「TWINCAM」。

これで、More Powerを実現しました。この「TC88」エンジンの登場によってアメリカのバイカーはハイウェイを快適に長距離走行出来るようになったわけです。

アメリカでは排気量の大きさをci(キュービックインチ)という単位で表し、この「TC88」エンジンの排気量をci(キュービックインチ)で表すと88ci(キュービックインチ)となる事から、「TC88」のネーミングが取られています。
ちなみに1ci(キュービックインチ)は大体16.4ccとなります。計算しづらいですね。

「TC88」エンジンには、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは前述通りに1999年に発表された「TC88」。もうひとつは2000年に発表された「TC88B」です。
違いが分かりますか?後者には「88」のうしろに「B」が付いていますよね。

この「B」はバランサーの頭文字「B」です。バランサーとは何か? 何故1つのエンジンで2
つのタイプがあるのか? その詳細については「TC88エンジンの特徴2」の中で触れたいと思います。

この「TC88」エンジンは速度規制緩和という現代の交通事情や、排ガス規制といった環境問題をもクリアして作り出された、まさに「現代のハーレー」と言えるエンジンなのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク