ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーの軌跡 > ハーレー新時代の幕開けレボリューションエンジン登場

ハーレーの軌跡

ハーレー新時代の幕開けレボリューションエンジン登場

スポンサードリンク

ハーレーダビッドソンのエンジンの特徴と言えば、空冷OHV型エンジンです。
このエンジン形式を約100年間も頑なに守り続けてきました。

しかし、そんな伝統のハーレーダビッドソンが2002年に発表したエンジンには誰もが驚かされました。そう、そのエンジンとは水冷DOHC型だったのです。この革命的なエンジンこそ「レボリューション」エンジンなのです。

この水冷DOHC型エンジン「レボリューション」はハーレーの新しいファミリーである、
「VRSC」ファミリーに搭載された、今までのハーレーエンジンとは赴きもコンセプトも全く異なるエンジンです。

そのエンジンは今までのハーレーエンジンと比べて、明らかに吹け上がりがスムーズで、
高出力・高回転型のスポーツバイクとしての性能を前面に押し出したハーレーの全く新しいスタイルを具現化したものです。

レボリューションエンジン写真.jpg

実は、ハーレーダビッドソン社は、バイクレースにも参加しており、そのレースにエントリーさせていた「VR1000」というバイクが水冷DOHC型エンジンだったのです。

この「VR1000」のエンジンを基に、あのポルシェとも協力体制をとり、満を持して発表さ
れたのがこの「レボリューション」エンジンであり、そのエンジンを搭載したモデルが「VRSC」ファミリーという事になります。

「VRSC」とはレース車両の「VR1000」をStreet向けにCustomしたモデル。
つまり、レース車両をストリートのユーザー向けにカスタムしたので、「VRSC」ファミリーと呼ばれています。伝統を重んじるハーレーダビッドソンが今までのスタイルとは全く違った「レボリューション」エンジンを創り出したのは何故でしょうか?

それは、伝統に甘んじることなく、新しい事に挑戦し続ける「アメリカンスピリット」かも知れません。確かに、一部のハーレーフリークからは批判を受けているエンジンではありますが、この「レボリューション」エンジンにより、今まではハーレーに見向きもしなかったユーザーを獲得しているのも事実です。

そして、走る楽しみ、カスタムする楽しみは変わりません。この「レボリューション」エンジンは、まさにハーレーダビッドソンにとって、「革命」とも言える新時代への挑戦なのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク