ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーコラム

ハーレーコラム

こちらのページはハーレーに関してのアレやコレについて、管理人が気の向くままに書いております^^

スポンサードリンク

ハーレーのミッション・チューニング〜クロスレシオ〜

ハーレーダビッドソンと言うと、外装系のカスタムがメインのイメージがありますよね?
実際にハーレーのカスタムパーツと言えば、外装に関したものがとても多いです。

また、ボアアップやストロークアップなどのエンジンチューニングの手法もありますが、ミッションのチューニングに関しては、あまり知られていないのではないでしょうか?

「ハーレーのミッション・チューニ...」詳細はこちら

ハーレーのミッション・チューニング〜ギヤ数の変更〜

ハーレーカスタムにおいて、あまりポピュラーではないミッション・チューニングカスタム。
大きく分けて、そのチューニング方法は2つありましたよね?

「ハーレーのミッション・チューニ...」詳細はこちら

ハーレーカスタム ストックフレームのモディファイ

ハーレーダビッドソンで、一番ポピュラーなカスタムはマフラー交換ですよね?
走りの機能に直接関わるマフラーやキャブレーター・エアクリーナーなどを交換するカスタムや、タンクやヘッドライトの交換などを行う外装系のカスタムがあると思います。

「ハーレーカスタム ストックフレ...」詳細はこちら

ハーレーのエンジンチューニング〜その種類〜

ハーレーダビッドソンの要とも言えるエンジン。

ノーマルの状態でも、ハーレーならではのトルク感溢れるエンジンフィーリングを楽しめますが、エンジンにチューニングを施すことで、ノーマルのハーレーエンジンとは、また違ったフィーリングを楽しむことが出来ます。

「ハーレーのエンジンチューニング...」詳細はこちら

ハーレーのエンジンチューニング〜ボアアップ〜

ハーレーのエンジンをより楽しむ方法として、エンジンチューニングあります。
ハーレーのエンジンは、ノーマルの状態でも十分にトルクフルで気持ちの良いものだと思いますが、
エンジンをチューニングすることで、また違ったフィーリングを楽しめるようですよ。

「ハーレーのエンジンチューニング...」詳細はこちら

ハーレーのエンジンチューニング〜ストローカー〜

『排気量を上げる』
ハーレーのエンジンチューニングで行われる手法のひとつですね。

この、『排気量を上げる』方法は大きく分けて2つありましたよね?
ひとつは、ボアアップと呼ばれるもの。

「ハーレーのエンジンチューニング...」詳細はこちら

ハーレーのエンジンチューニング〜吸排気チューン〜

ハーレーのエンジンチューニングの手法としてストローカーを組んだり、
ボアアップをすることによって排気量を上げる方法がありました。
言わば、「排気量を上げる」エンジンチューニングですね。

この「排気量を上げる」エンジンチューニング以外にも、
ハーレーエンジンの出力を上げる方法はあるようなのです。

「ハーレーのエンジンチューニング...」詳細はこちら

ハーレーのタイヤサイズ

ハーレーダビッドソンというと、マフラーのカスタムや外装系のカスタムなどに、
つい目がいってしまいがちですが、実はタイヤにおいても機能性パーツとしてだけでなく、
ハーレーの外観を大きく左右するカスタムパーツとしての側面もあるようなのです。

「ハーレーのタイヤサイズ」詳細はこちら

ハーレーのタイヤ選び カスタム

ハーレーダビッドソンのタイヤ選びについては、
スポーツバイクと呼ばれるオートバイのタイヤのように、
グリップ力を最優先した選び方はあまり行われていません。

「ハーレーのタイヤ選び カスタム」詳細はこちら

ハーレーのタイヤ選び 性能

ハーレーにおけるタイヤ選びは、
走行性能に関係するだけでなくカスタムとしての楽しみもありましたよね!
でも、やっぱりタイヤは走行に深く関わるもの。

だからこそ、タイヤについての簡単な基礎知識があると、
ハーレーにおけるタイヤのカスタムも楽しめると思います。

「ハーレーのタイヤ選び 性能」詳細はこちら

ハーレーエンジンのマウント方式の違いについて

ハーレーダビッドソンと言えば、そのエンジンについて語られることが多いと思います。
そして、そのハーレーエンジンをフレームにマウント(積載)する方式によっても、

様々な違いやそれぞれの特性があることも実はハーレーの乗り味やカスタム、
シャシーとしての機能性などにも関係しているようなのです。

「ハーレーエンジンのマウント方式...」詳細はこちら

ハーレーのエキゾーストシステム

ハーレーのエキゾーストシステム。一般にマフラーと呼ばれる箇所ですよね。
ハーレーはVーTWINエンジンなので(V-ROD除く)、エンジンのフロントとリアのシリンダーそれぞれから、2本のエキゾーストパイプ(排気管)が車体後方に伸びて、サイレンサー(消音器)に連結しています。

「ハーレーのエキゾーストシステム」詳細はこちら

ハーレーインジェクション車両のバッテリー上がり

冬場の寒い時期によくあるトラブル。
JAFなどでも、多いトラブルと聞きます。

そう、バッテリー上がりです。

「ハーレーインジェクション車両の...」詳細はこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク