ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーコラム > ハーレーのエンジンチューニング〜ストローカー〜

ハーレーコラム

ハーレーのエンジンチューニング〜ストローカー〜

スポンサードリンク

『排気量を上げる』
ハーレーのエンジンチューニングで行われる手法のひとつですね。

この、『排気量を上げる』方法は大きく分けて2つありましたよね?
ひとつは、ボアアップと呼ばれるもの。

このボアアップは、シリンダー内径をノーマルのものよりも大きくする、
エンジンチューニング方法ですよね。

そして、もうひとつの排気量アップの方法は・・・

ストローカークランクを組み込む方法です。
一般には単にストローカーと呼ばれているでしょうか?

ハーレーエンジンの腰下部分のクランクと呼ばれる部位を、
ストローカークランクに交換することによって、
ピストンのストローク幅を大きくする方法ですね。

ハーレーだけでなく、レシプロエンジンの排気量は、
シリンダー内径とピストンのストローク幅によって決まります。

ストローカークランクに交換することによってストローク幅が大きくなるので、
排気量アップに繋がるというわけですよね!

この排気量を大きくするエンジンチューニングでポピュラーなのは、
ストローカークランクを組み込む方法ではなく、ボアアップの方です。

その理由として考えられるのが、
ボアアップは、ハーレーエンジンの腰上と呼ばれる部位での作業となりますが、
ストローカークランクの組み込みは、ハーレーエンジンの腰下と呼ばれる部位での作業となります。

つまり、エンジン腰下での作業となると、
あの大きなハーレーエンジンをフレームから一度下ろして作業を行わなくてはいけないので、非常に大掛かりな作業になるという点と、その分、工賃も高く付くという点だと思います。

しかし、ハーレー純正のストローカーキットなども販売されているので、ボアアップだけでなく、ストローカークランクの組み込みによるエンジンチューニングもハーレーでは十分にアリなのでしょうね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク