ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーコラム > ハーレーのエンジンチューニング〜吸排気チューン〜

ハーレーコラム

ハーレーのエンジンチューニング〜吸排気チューン〜

スポンサードリンク

ハーレーのエンジンチューニングの手法としてストローカーを組んだり、
ボアアップをすることによって排気量を上げる方法がありました。
言わば、「排気量を上げる」エンジンチューニングですね。

この「排気量を上げる」エンジンチューニング以外にも、
ハーレーエンジンの出力を上げる方法はあるようなのです。

排気量を上げる以外のエンジンチューニングの方法は、
『吸排気効率をアップさせる』手法があります。

ハーレーに限らずレシプロエンジンでは、
混合気をシリンダー内で圧縮・点火・爆発させることによって出力を得ます。

混合気・燃焼ガスの出入りの調整弁がバルブです。
シリンダーヘッドにフタのように付いている部位ですね。

そして吸排気の効率を上げる手法のまず一つ目として、
『バルブ交換』があります。

バルブの説明

つまり、バルブそのものを大きなサイズ、または、
抵抗が少なく流量が大きくなる形状のバルブなどに交換することによって、
混合気・燃焼ガスの流れを良くして出力アップを狙います。

しかし、バルブ交換のデメリットとして、
バルブの接合面であるバルブシートの形状を、
カスタムバルブの形状に合わせなくてはいけないというデメリットがあるようですね。

このバルブ交換以外にも、吸排気効率を上げる方法はあります。
上述したバルブを操作する部位を交換する手法です。
『カムシャフトの交換』がそれに当たります。

カムシャフトの説明

カムシャフトをハイカムと呼ばれる、
カム山が高い形状に交換して、バルブの開閉時間・量を大きくするものです。

バルブの交換にしても、カムシャフトの交換にても、
やはりエンジンバランスやそのハーレーオーナーの乗り方、
求めているものなどをしっかりと検討した上で、チューニングをした方が良いようですね。

まずは、ハーレーダビッドソン純正のエンジンフィーリングを、じっくり楽しんでから、
求めるエンジンフィーリングを具現化していくのが良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク


スポンサードリンク