ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーコラム > ハーレーのタイヤ選び カスタム

ハーレーコラム

ハーレーのタイヤ選び カスタム

スポンサードリンク

ハーレーダビッドソンのタイヤ選びについては、
スポーツバイクと呼ばれるオートバイのタイヤのように、
グリップ力を最優先した選び方はあまり行われていません。

これは、ハーレーダビッドソンというオートバイの特性から、
あまり峠を攻めるようなグリップ力が重要になる乗り方をしないからだと考えられます。

しかし、レースにエントリーしているハーレー車両や、
スポーツスターやダイナファミリー系で、
スポーツ走行をメインにしているハーレーオーナーの方もいると思いますので、
必ずしもではないのですが・・・

ハーレーのタイヤ選びは、
そのタイヤの溝の形状(トレッドパターン)や、
太さ、磨耗し難いかどうか、などの理由から選ばれることが一般的なようです。

例えば、ロングフォークチョッパーなどのカスタムハーレーでは、
フロントは21インチで大きく、かつ細いタイヤでスリムに見えるものが好まれますし、

FL系のボバーカスタムなどでは、
16インチのバルーンタイヤと呼ばれるクラシックスタイルの太いタイヤが良く似合います。

このように、タイヤにおいても、ハーレーの場合は機能性パーツという一面だけでなく、
カスタムパーツとしての一面もあるのが特徴と言えるようです。

しかし、そうは言っても、タイヤの良し悪しで走行性能は実は大きく左右されるものです。

ですので、オートバイのタイヤについての簡単な知識もあると、
よりハーレーダビッドソンというオートバイを楽しめると思います。
そのためには、タイヤについての最低限の知識を知っておく必要性がありますよね!

スポンサードリンク


スポンサードリンク