ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーコラム > ハーレーのタイヤ選び 性能

ハーレーコラム

ハーレーのタイヤ選び 性能

スポンサードリンク

ハーレーにおけるタイヤ選びは、
走行性能に関係するだけでなくカスタムとしての楽しみもありましたよね!
でも、やっぱりタイヤは走行に深く関わるもの。

だからこそ、タイヤについての簡単な基礎知識があると、
ハーレーにおけるタイヤのカスタムも楽しめると思います。

さて、
ハーレーダビッドソンはご存知の通りアメリカのような、
広大な大陸を、ある程度の距離を移動するためのオートバイですよね。

そして、
アメリカのような土地は日本と違って直線道路が多く、かつタンデムすることも多いので、
路面と一番接地するタイヤのセンター部分の磨耗がしにくいような作りになっていて、
これがハーレー純正タイヤの特徴と言えます。

しかし、日本では、雨も多く、
カーブの連続やストップ&ゴーも多い土地柄です。
そのハーレーモデルやオーナーにもよりますが、
ハーレー純正タイヤでは、
少しもの足りなく感じることがあるのも事実かもしれませんね。

そういった場合は、よりグリップ力のあるタイヤに交換するのもアリのようです。
グリップ力とは、タイヤ断面の幅に対する高さの比率である偏平比が低い状態を指します。
つまり、この偏平比が低いほど路面との接地面積が増えてグリップ力が増す、
というわけですね。

ただし、接地面積が増えると言うことは、
その分、タイヤの磨耗が激しくなり不経済になるというデメリットもあります。
こうした基本的なタイヤの知識があれば、
よりハーレーカスタムを楽しめるのではないでしょうか!

スポンサードリンク


スポンサードリンク