ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーと車検 > ハーレーの車検−ハーレーショップによる車検

ハーレーと車検

ハーレーの車検−ハーレーショップによる車検

スポンサードリンク

ハーレーを車検に通す際に、ハーレーを専門に扱っているショップに依頼する方法が一番ポピュラーではないでしょうか。では、このショップに車検を依頼する際の情報を掲載していきたいと思います。

★ハーレーショップによる車検にかかる費用は?
これは、そのショップや車輌の状態によって変わってきますが、ショップに車検を依頼する場合は、「車検を通す」事だけでなく、「24ヶ月法定点検」=「メンテナンス」も行いますので、基本的にかかる料金は以下が考えられます。
※ここで言うショップとは、整備士資格保持者がいるショップのことです。

・ 自賠責保険   →20,240円(24ヶ月)
・ 重量税      → 5,000円
・ 印紙代      → 1,100円
・ 法定点検代   →20,000円〜35,000円(ショップによって異なります)
・ 車検代行手数料→10,000円〜25,000円(ショップによって異なります)

また、上記とは別にオイルやブレーキパッドなどの消耗品交換があれば、その消耗品代金と工賃も加算されます。カスタムなどを行っていると構造変更やノーマルに戻す作業、また改造申請などが必要になってくる場合もあります。この時も別途料金が発生しますね。

ショップによる車検の際に考えられるデメリットは、車検代行手数料と法定点検代がかかるため、費用がかさむという点と車輌を数日預けなくてはいけない、という2点が考えられますよね。

メリットとしては、プロメカニックのメンテナンスによって、調子よく安全に愛車のハーレーを楽しむ事が出来る、という点が何よりではないでしょうか。

また、日ごろ時間がなくて自分でハーレーのメンテナンスをなかなか出来なかったり、メカに自信がなかったりする方は、プロメカニックのいるショップで車検を通した方が、メリットが大きいと思います。
ただし、ショップによっては(メカニックによっては)正直、あまり腕が良くなかったり、作業が雑だったり、といったこともあるようです。

実際に管理人の知人のスポーツスター乗りはハーレーの正規ディーラーに車検に出して、なんとエンジンオイルの入れ忘れをされたことがあります。こういったことがあるのもまた事実のようです。

だから、メンテナンスに自信のある方や平日に休みが取れる方などは、ユーザー車検に挑戦してみても、おもしろいかも知れませんよね^^

★ショップによる車検に必要な書類は?
絶対に必要となる書類は以下の3つです。
1.車検証
2.自賠責保険証明書
3.納税証明書
ショップによっては、上記以外に印鑑等が必要な場合もあるかも知れません。

★代行車検の費用を抑えるには?
少しでも車検費用を抑える方法として考えられるのは、行きつけのバイクショップを作って、費用面でサービスをしてもらうか、平日のユーザー車検を行うか、または、メンテナンスが自分で出来て、平日休めない場合(ユーザー車検は土日は行っていません)は、車検のみを車検代行業者に委託する、などが考えられますよね。

でも、なかなか行きつけのバイクショップを作ったり、自分でメンテナンスをする時間がなかったり、平日も休めないのでユーザー車検も無理、といった方も多いと思います。

でも、代行車検費用を抑えて、調子良く愛車のハーレーを楽しみたい、という方には、「ホリデー車検」をご紹介します。

この「ホリデー車検」は、ハーレー専門ショップではありませんが、全国236店舗に展開する車検整備工場のチェーン店です。国土交通省から指定された民間車検工場で、バイクオーナー立会いのもと、検査・点検の結果を、国家資格を持った整備士がわかりやすく説明します。車検の時間も30分〜60分ほどで、土日もOKというシステムを導入しています。

忙しい社会人の方には、とても向いているサービスシステムのようですね^^

詳しい内容は以下の公式HPをご覧下さい。

>>ホリデー車検の詳細はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク


スポンサードリンク