ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーと車検 > ハーレーの車検−ユーザー車検 【車検当日編】

ハーレーと車検

ハーレーの車検−ユーザー車検 【車検当日編】

スポンサードリンク

ハーレーのユーザー車検に必要な準備は整いました。車検場当日の情報を掲載します。

★車検当日にかかる費用は?
車検当日は手数料や重量税などを納めるので、費用が発生します。

・検査手数料→1400円
・重量税   →5000円

上記以外に書類代が100円ほどかかります。

★申請書類の作成をします。
車検当日に作成する書類があります。これは、陸運支局内で当日購入します。
購入する用紙は以下の3点です。

・継続検査申請書
 →自分の車検証を参照しながら、「車体番号」、「自動車登録番号」などを記入・捺印をします。
 この書類は鉛筆での記入となります。
・自動車検査票
 →ボールペンでの記入となります。この用紙に検査手数料として、1400円の収入印紙を購入して貼ります。
・重量税納付書
 →こちらもボールペンでの記入となります。この用紙に重量税代として、5000円の収入印紙を購入して貼ります。

上記書類を作成したら、窓口に提出して印鑑を押してもらいましょう。

この書類作成は慣れていないと、とても煩雑な面もあるので、陸運支局の近辺にある「代書屋」さんというところに代筆してもらっても良いかも知れませんね。料金も3,000円くらでしょうか。

★検査
いよいよ検査です。検査場にハーレーを移動して、書類を提出します。ここでは保守部品が正常に作動するか、光軸がぶれていないか、排ガス規制、騒音規制をクリアしているかなどの視点で検査官からのチェックを受けます。

もし、問題があっても、どこがどういう風に問題かを検査官に聞きましょう。そして、その不具合を修正して再検査を受けます。指摘される箇所No.1は光軸のようです。これは当日に陸運支局近辺のテスター屋さんで事前に確認した方が無難かも知れません。

合格したら、新しい車検証とステッカーをもらいます。ステッカーはナンバープレートに早速貼ってくださいね!

★ユーザー車検のメリット・デメリット
ユーザー車検にもメリットとデメリットが考えられます。
・メリット
1.費用を安く抑えることが出来る。

・デメリット
1.土日休みの人には受けにくい(ユーザー車検は平日のみです)
2.オーナーの自己責任で行うため、整備面で安全上の問題が生じる可能性がある。

ユーザー車検にも、メリット、デメリットが考えられるので、自分のスタイルにあった車検方法を選択する必要がありますよね!

スポンサードリンク


スポンサードリンク