ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレー盗難対策 > ハーレー盗難対策 具体的な対策

ハーレー盗難対策

ハーレー盗難対策 具体的な対策

スポンサードリンク

ハーレーは盗難被害に遭いやすいバイクである事は、【ハーレー盗難対策 現状と事例】で分かっていただけたと思います。それでは、具体的にはどういった点に気を付けて盗難抑制対策を行えば良いのでしょうか?

まず、初めに、明記しなくてはいけない事があります。どんなに盗難対策を施していても、【絶対に盗まれないという保証はない】という事です。いきなり、こんな事を書いてしまうと、身も蓋もないと思われるでしょうが、この認識は絶対必要だと思います。

上記を認識した上で、どうしたら、盗難被害に遭う可能性を低くする事が出来るか?という視点で【複数の盗難対策】を行っていけば良いと思います。

具体的な盗難抑制対策方法は・・・?


1−1.バイクカバーをする
これは、どんなバイクがあるのか?という情報をまず遮断する意味合いと、盗難するには、バイクカバーを外さなくてはいけないという一手間を与えます。

1−2.チェーンロック等を複数取り付ける
高価で頑丈なチェーンロック類でも、絶対に切断できないというものはありません。最近の窃盗団はレスキュー隊などが使用する油圧カッターを用いて大抵のチェーンロック類を切断してしまいます。

ですが、複数のチェーンロック類を取り付ける事で、時間稼ぎにはなります。また、沢山切らなくては盗めない状態であれば、盗む方も時間が掛かるので、窃盗犯にとってのリスクが高くなりますよね。罪を犯す場合は、なるべくリスクを回避するものです。

1−3.イモビライザー、アラーム類を搭載する。
不正なキーアクセスに対して、バイクが始動出来なくなるイモビライザーや、車体を動かすと警戒音の鳴るアラームシステムをハーレーに搭載する抑制方法です。

1−4.防犯カメラや光センサーを取り付ける
防犯カメラや光センサーなども合わせて、設置しておくと、盗難に対しての意識が高いことが盗むが側に伝わり抑制力となる可能性が考えられます。

1−5.地球にロックする。
これは、自宅保管でも、出先でも心掛けたい事ですが、柱などの固定物にチェーンロックなどで、ハーレーを固定する事を指します。また、固定する際は出来れば、フレームを通した方が良いと思います。

フロントフォークやエンジンガードなどでは、最悪取り外される可能性があるからです。自宅保管で固定物がない場合は、船舶を係留するアンカーなどを敷地内に埋め込むか、重量のあるブロックなどを置いて、そこにチェーンロック類などでハーレーに繋ぐという方法があります。

1−6.屋内保管の注意点
屋内での保管は屋外保管と比べれば、かなり安全性は高くなりますが、安心は出来ません。保管コンテナなどで、鍵をこじ開けられて盗難されているケースもあるからです。ですから、屋内保管でも、地球にロックは基本、と考えておいた方が良いと思います。

1−7.帰宅時に不審な車輌に気を付ける。
ツーリングなどの帰りに、ユニックやビッグスクーターなどが後ろを付いてきていないかにも気をつけた方が良いですね。少しでも怪しいと思ったら、迂回するなり様子を見るべきでしょう。

1−8.ホームセンターを活用しましょう。
ホームセンターでは、盗難抑制対策に役立つものが沢山あります。例えば鈴をバイクカバー内側に沢山付ける、トタンなどをバイクの保管場所に敷く、防犯ブザーなどを、バイクカバーを外すと鳴るように仕込む、などなど。

1−9.追跡機能付きセキュリティーを搭載する。
これは、バイクが盗まれた後に効力を発する性質のものです。バイクの所在地を知らせるGPS機能が付いたセキュリティーシステムを指します。

1−10.盗難保険に入る。
バイク用の盗難保険はあまり多くありませんが、ハーレーダビッドソンでは、新車購入の際に盗難保険プログラムに加入出来ます。ただし、HOGと呼ばれるハーレーオーナーグループに加入することが前提となっています。

また、掛け金も高額で、かつ盗難された場合、購入金額全額での補償ではないので、良く内容を確認された上で加入を検討して下さい。

このように、ハーレーの盗難対策は決してやりすぎる事はない!くらいの意識の高さを持っておいた方が良いと考えています。ハーレーだけでなく、バイク盗難というものが無くなる日を心底願います!

スポンサードリンク


スポンサードリンク