ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   5つのファミリー > ハーレー スポーツスターファミリーとは?

ハーレーダビッドソン   5つのファミリー

ハーレー スポーツスターファミリーとは?

スポンサードリンク

軽快なスポーティモデル スポーツスター登場でも扱っていますが、このスポーツスターファミリーのご先祖的存在のモデルは4カムサイドバルブエンジンを搭載したモデルKです。このモデルKを進化させたのがスポーツスターファミリーというわけです。

スポーツスターはハーレーダビッドソンが様々なレースで培った経験とその技術をフィードバックしたモデルといえるでしょう。外見上はいわゆるハーレーらしいとされるFLモデルとは全く異なり、車体も大きくありません。

しかし、そのコンパクトなスタイリングから取り回しも良く、V-TWINの鼓動感を感じながら、スポーツ走行が楽しめるファミリーです。

また、ビッグツインモデルとは違い、スポーツスターが4カムで、ミッション一体式なのは、レースでの耐久性やフレームへの負担の軽減、そして、4つカムがあることによるカム調整の自由度などがあります。

つまり、レースで勝つためのノウハウが反映されている、という事です。
だから、オートバイならではの走行性を楽しめるというわけですね。

スポーツスターは、1957年にショベルヘッドエンジンを搭載して発表されました。これは、ビッグツインモデルにショベルヘッドエンジンが搭載される1966年よりも、9年も早い出来事なのです。

この時代のスポーツスターは、ショベルヘッドエンジンが鉄製のエンジンだった事から、アイアンスポーツという愛称があり、日本では玉数が多くない事もあり、マニアから人気のあるモデルです。

そして、このスポーツスターファミリーもショベルヘッドエンジンから、オールアルミ製のV2エボリューションエンジンへと変更され、その信頼性を大きく飛躍させたのです。

2003年までは、スポーツスターのエンジンマウント方式はリジッドマウントでしたが、2004年から、ラバーマウントとなり、フレームの形状も変更となって話題を呼びました。

スポーツスターとしての特性を生かしながら、時代と共に進化を遂げている、
というわけですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク