ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   5つのファミリー > VRSCファミリーとは?

ハーレーダビッドソン   5つのファミリー

VRSCファミリーとは?

スポンサードリンク

ハーレーダビッドソンの中で、一番新しいファミリーがVRSCファミリーです。
このVRSCファミリー、2002年にハーレーダビッドソンが発表したレボリューションエンジンを搭載したモデルを指します。そして、このVRSCファミリーはハーレーダビッドソンにとっても新たな挑戦となったのです。

ハーレーマニアの方には、ご存知の方も多いと思いますが、それは、このVRSCファミリーに搭載されているエンジン、レボリューションがハーレー初の水冷DOHCエンジンだったからです。

その排気量は1130ccと、ハーレーの現行モデルの中では決して大きい方ではないのですが、ビッグツインエンジンとは異なり、エンジンのストロークがショートタイプで、より高回転・高出力を得られるようになっているのが大きな特徴です。

エンジンの熱を自然の風で冷やす空冷エンジンとは異なり、冷却水であるクーラント液をエンジン周囲に配する事で、エンジンを効率的に冷却するのが水冷エンジンです。

都市部での渋滞時や、ツーリングにおける連続使用時でのエンジンへの負担を大きく軽減出来るというわけです。現代事情に合った冷却システムが水冷エンジンということですね。

VRSCファミリーには、モデルによって、ステップの位置が大きく前に配置されているフォワードコントロールや、日本人向けのポジショニングがとれるミッドコントロールなどがあり、また、リアタイヤが流行りのワイドタイヤ(240mm)など、様々なバリエーションがあります。

同じファミリーでもこうした様々なバリエーションがあり、それらを楽しめるのもハーレーダビッドソンの特徴かも知れません。そして、このVRSCファミリーはハーレーが、
あのポルシェと協力して作り上げたファミリーなのです。その力の入れようが分かりますよね。

このVRSCファミリー独特の美しいデザイン性と、流れるようなスタイリングはハーレーダビドッソンの全く新しいセンスを表現しているのではないでしょうか。

スポンサードリンク


スポンサードリンク