ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > キャブレーターの仕組み > ハーレーのキャブレーターとは?

キャブレーターの仕組み

ハーレーのキャブレーターとは?

スポンサードリンク

ガソリンと空気を混ぜて気化させた混合気を圧縮・爆発させて動力を得る事は、「ハー
レーエンジンの基本構造:4ストロークとは?」
で触れていますが、この混合気を作り出すキャブレーターについて記述したいと思います。

キャブレーターとは、ガソリンと空気を混ぜ合わせて気化する装置の事ですが、実はこのキャブレーターの仕組みや性能の違いが、エンジン性能やライドフィーリングにも影響するのです。

では、なぜガソリンと空気を混ぜ合わせて気化しないといけないのでしょうか?

それは、動力を得る為にはより効率的にガソリンを燃焼しないといけないからです。
つまり、ガソリンを液体のまま燃やしても効率的に燃焼せず、結果として、十分な動力を得られないというわけですね。

そこで、ガソリンを気化する事によって、空気との接触面積を多くして、燃焼効率を上げているわけです。その役割を行っているのがキャブレーターなのですね。

このキャブレーターですが、
どのようにして液体であるガソリンを空気との混合気にしているのでしょうか?

キャブレーター内の空気の通路はベンチュリーと呼ばれ、一部分が狭くなっている構造となっています。なぜ狭くなっているかというと、その部分だけ空気の流れを速めるためです。

そして、ガソリンを一時的にキャブレーター内に貯めておくフロートと呼ばれる箇所と、
上記のベンチュリーで狭くなっている部分とが細い管で繋がっています。

このキャブレーター内の気圧と外の気圧、つまり大気圧は等しい気圧で均衡しているのですが、ベンチュリーの狭くなっている部分だけは、空気の流れが速くなって、大気圧よりも気圧が下がっています。

気圧が下がる事によって、負圧が発生して、フロート内のガソリンが管を通って吸い上げられ、流れの速くなった空気とぶつかり、細かい粒となって空気と混ざり、混合気になるという仕組みなのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク