ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > インジェクションについて > インジェクションのデメリットは?

インジェクションについて

インジェクションのデメリットは?

スポンサードリンク

ハーレーでは2007年から全てのファミリーにフューエルインジェクション機構が採用されています。適正な混合気のセッティングによる燃費や始動性の向上、クリーンな排気ガスの排出など、様々なメリットのあるインジェクション機構ですが、デメリットはないのでしょうか?

インジェクションはコンピューター制御によって、混合気を調整してエンジンへと送り込む電子式の能動的装置です。今までの機械式の受動的装置であるキャブレーターと比べた場合に考えられるデメリットの一面もあるようです。

インジェクションのデメリットとして考えられるのは、吸排気系のカスタム・チューンをした場合、吸排気バランスの調整を個人レベルで行い難いということが考えられます。

キャブレーターの場合は、機械式ゆえにオーナー自らがジェット類の交換をしたり、キャブレーター自体を交換したりして、吸排気系カスタムを行えましたが、インジェクションの場合は、電子式ゆえに素人が簡単には手を出し難くなっています。

また、ハーレーでは、インジェクションを全ファミリーで採用したのが2007年モデルからのため、マフラー交換した際のセッティングデータが少ないこともデメリットとして考えられます。

しかし、最近では、インジェクションコントローラーと呼ばれる社外品のパーツがあり、これら社外のインジェクションコントローラーと交換することによって、吸排気カスタム・チューンの可能性が広がってきています。また、セッティングデーターの情報等もたくさん蓄積されてハーレーオーナーに還元されるようになるのではないでしょうか。

インジェクションはPCを使用して、セッティングを行いますが、キャブレーター同様に、吸排気のバランスを考えたカスタム・チューンを行わないと、せっかくのハーレー独特のトルク感を楽しめなくなる可能性があります。やはり、コンピューター制御と言っても、最終的には「人」の手が決めて!ということですね。

インジェクションチューンは、経験のあるプロショップにお願いした方が確実性はあるかも知れませんが、ハーレーダビッドソンというオートバイはオーナーが主体となり様々な流れを生み出してきた経緯がありますので、キャブレーター同様にプロショップとオーナー、とそれぞれの場でインジェクションチューンが行われていく可能性が高いと思います。

そういう意味では、キャブレーターもインジェクションもそれぞれのメリット・デメリットがあり、そこをどのように楽しむか?がハーレーオーナーの醍醐味でもあるかも知れませんね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク