ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > クラッチの役割 > クラッチ シフトの種類

クラッチの役割

クラッチ シフトの種類

スポンサードリンク

「クラッチの役割」「クラッチの種類」では、クラッチの役割や構造、その種類について書いてきましたが、今回はちょっと目線を変えて、シフトの種類についてお話ししたいと思います。

ハーレーに限らず、オートマ以外のオートバイであれば、スピードを出したり、減速したりする際にシフトチェンジを行いますが、このシフトチェンジの方法は、左手でクラッチレバーを握って、左足でフットペダルを動かして変速を行っていますよね?

現代のオートバイでは上記の方法が一般的ですが、オールドハーレーでは、車と同じようなシフトチェンジ方法もありました。どういうことかと言うと、左足でフットペダルを踏む事によってクラッチを切り、左手でタンク横に配置されたシフトレバーを動かして変速する方法です。ハンドシフトと言われるシフトチェンジ方法ですね。

つまり、シフトチェンジを行う際には、左手をハンドルバーから離さないといけない、という事になりますね。今のオートバイ乗りの感覚からするとちょっと信じられませんよね。
ナックルヘッドやパンヘッド時代のハーレーには、純正で採用されていたスタイルなのです。

そして、このハンドシフトですが、なんとカスタムすれば、現行モデルのハーレーでも出来てしまうのです。オールドスクールと呼ばれる、60〜70年代のハーレーのスタイルを模したカスタムではよく行われていますよね。

シフトレバーをガチャガチャと動かしてハーレーを操る操作感があり、かつ、その形状は日本刀を模していたり、髑髏やサイコロなどがシフトレバーの握り部分に配置されていたりと、自由な発想で視覚的にも楽しめる、という特徴があります。

昔のスタイルを大切にしながら、現行のハーレーモデルにもそのスタイルを応用して、楽しんでしまうという自由なスタイルがハーレーダビッドソンの特徴の一つとも言えますよね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク