ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > 点火系の働き > 点火系 電気の流れ

点火系の働き

点火系 電気の流れ

スポンサードリンク

これまでは、点火システムである自動進角と手動進角について触れてきましたが、プラグに火花をスパークさせる際に必要な電気の流れはどうなっているのでしょうか?

キーを回してONにすると電流が流れます。このキーを差し込んだ部分をイグニッション・スイッチと言います。次に電流はイグニッション・コイルへと伝わります。

このイグニッション・コイルはバッテリーからの12ボルトの電圧を一気に2万Vまで大きくする役割を担っています。この2万ボルトの電圧がプラグに火花をスパークさせるわけですね。

そして、火花をスパークさせる点火時期を司るのが、イグニッション・モジュールです。

イグニッション・コイルの中には2つのコイルがあって、別々に電流が流れています。
1次コイルと呼ばれる方に常に電気が流れていて、イグニッション・モジュールのセンサー部へと繋がっています。

そして、適正なタイミングがくると、常に流れていた電流がセンサー部において遮断されるのです。遮断される事によって、イグニッション・コイル内の電圧が一気に2万ボルトまで増幅されます。

すると、プラグに接続されている2次コイルに2万ボルトの電流が走り、プラグに力強い火花がスパークするという仕組みになっています。常に流れている12ボルトの電気ではプラグに火花を飛ばすには、電圧が弱すぎることになります。

つまり、2万ボルトという大きな電圧によって、初めてプラグに火花をスパークさせる事が出来るというわけですね。常に流れている12ボルトの電圧を一時的に遮断する事によって、電圧を増幅させて、プラグをスパークさせている、というわけなのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク