ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ブレーキシステム > ハーレのディスクブレーキについて

ブレーキシステム

ハーレのディスクブレーキについて

スポンサードリンク

時代が進むにつれ、高速化、大排気量化が進み、今までのドラムブレーキシステムに変わる新しいブレーキシステムが必要になってきました。それがディスクブレーキシステムです。

ドラムブレーキシステムでは、ホイール・タイヤと連動するドラムがありましたが、このディスクブレーキシステムを簡単に説明すると、円盤状で金属性のディスクローターがホイール・タイヤと連動していて、このディスクローターをブレーキパッドで挟み込む事によって制動するシステムです。

ブレーキレバーや、ブレーキペダルを操作する事によって、ブレーキフルードと呼ばれるオイルに圧力が掛かります。この圧力がブレーキホースからブレーキキャリパーに伝わり、そのブレーキキャリパー内にあるピストンを押し出すのです。

この押し出されたピストンによって、ブレーキパッドがディスクローターを挟み込み、制動を行うという仕組みになっています。

このディスクブレーキシステムの利点は、ブレーキパッドが露出しているため、放熱性が高く、ドラムブレーキシステムと比べると長時間走行や急な制動でもそのブレーキ性能を保持しやすい点です。

また、メンテナンス性においても利点があります。
ドラムブレーキシステムの場合、一度タイヤを外さなくては磨耗したブレーキシューの交換は行えません。

一方、ディスクブレーキシステムの場合は、磨耗したブレーキパッドを交換する際にタイヤを外す必要性がなく、メンテナンス性に優れているのです。

ハーレーにディスクブレーキシステムが採用されたのは、1970年代に入ってからで、まずフロントブレーキからディスク化を行いました。その数年後にはリアブレーキもディスク化しました。

このディスクブレーキシステムは、ディスクローターを2枚にしたり、ピストンの数を増やしたりして、その制動力をより強めていきました。

現行のモデルでは一部(スプリンガーモデルのフロントブレーキキャリパー)を除いて、4つのピストンがある4ポッドと呼ばれるブレーキキャリパーが純正採用されています。

また、ディスクローターに関しては、リアブレーキは全てシングルディスク(ディスクローターが1枚)ですが、フロントブレーキに関しては、モデルによってはダブルディスク(ディスクローターが2枚=キャリパーも2個)を純正採用している場合もあります。

>>ハーレー用ブレーキパーツの詳細はこちらからどうぞ


スポンサードリンク


スポンサードリンク