ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーエンジン
基本構造
> ハーレーエンジンの基本構造:4ストロークとは?

ハーレーエンジン
基本構造

ハーレーエンジンの基本構造:4ストロークとは?

スポンサードリンク

ハーレーエンジンの主軸となるのは、
4ストローク OHV V型2気筒というエンジン構造になります。
ではストロークとは? OHVとは? 2気筒とは一体何なのでしょうか?

おおざっぱに言うと、エンジンと呼ばれる機械は、
ガソリンと空気を混ぜて気化した混合気を爆発させ、
ピストンの上下往復運動をフライホイールで円運動に変えて、
動力としてタイヤを動かす仕組みです。

そして、この動力を得る、そして、その動力をタイヤへと伝える仕組みが、
それぞれのオートバイメーカーや、エンジンスタイルによって異なるというわけです。

現在のオートバイには、
2ストロークエンジンと4ストロークエンジンがあります。
ハーレーは4ストロークエンジンです。

簡単に言うと、4ストロークエンジンとは、
シリンダー内のピストンが4回上下運動=4回ストロークすると1回の爆発が起こります。
この爆発によって動力を得る事が出来るので、4ストロークエンジンというわけです。

もう少し詳しく説明すると。。。


1.
シリンダー内のピストンが下がる事によって混合気を吸い込む為に、
吸気バルブ(バルブはシリンダーを塞ぐフタのような役割)が開き、
混合気がシリンダー内に吸い込まれます。


2.
ピストンが上がると同時に、吸気バルブが閉まり、
シリンダー内は密閉されます。
つまり、密閉空間で混合気はピストンによって圧縮されるのです。


3.
ピストンがシリンダー内の上方に動く事によって混合気が圧縮されます。
その時にシリンダー内に刺さっているスパーク・プラグに火花が飛び、
圧縮された混合気が爆発するのです。

この爆発力でピストンがシリンダー内の下方に押し戻されると同時に、
円盤状のフライホールが回転して、
ピストンの上下往復運動が円運動へと変換されるわけです。


4.
フライホイールが回転する事によって、再びピストンが上昇すると排気バルブが開いて、
爆発したガスは排気ガスとして排出されます。
この排気ガスは、エキゾーストパイプ(マフラー)を通じて大気へと放出されるのです。


これが、4ストロークエンジンの基本的な仕組みとなります。
ハーレーダビッドソンのエンジンもこの動きを行っているという事ですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク