ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーエンジン
基本構造
> ハーレーエンジンの基本構造:2気筒とは?

ハーレーエンジン
基本構造

ハーレーエンジンの基本構造:2気筒とは?

スポンサードリンク

ハーレーエンジンはよくV-TWINという言葉で表現されます。
これは、2つの気筒がV型(ハーレーの場合は45度)に配置されているからです。

2つの気筒=TWINというわけです。
では、気筒とは一体何なのでしょうか?

気筒とは、ピストンが入っている筒状のエンジンパーツを指します。
シリンダーと呼ばれるものです。

1つのシリンダーに1つのピストンが配置されています。
このシリンダー内でのピストン圧縮により、爆発が起きて、
動力が得られるという仕組みでしたよね。

つまり、ハーレーダビッドソン製エンジンは、シリンダーが2つ、ピストンも2つ、
そして、その2つのシリンダーが45度でV型にレイアウトされているエンジン、
という事になります。

気筒が1つでシングル、気筒が2つでツイン、
気筒が3つ以上でマルチという呼び方をします。
もちろん、高出力・高回転向きなのはマルチです。

ピストンが混合気の爆発で押し下げられると、
シリンダー下部のフライホイールが回転する事は、
「ハーレーエンジンの基本構造:4ストロークとは?」でも触れていますが、
このフライホイールとピストンはコンロッドという棒状の部品で繋がっています。

爆発による2つのピストンの上下往復運動エネルギーがコンロッドを介して、
1つのフライホイールに伝わります。
そしてハーレー独特のトルク感=フライホイールが回ろうとする力が発生するのです。

よりスムーズにフライホイールを回転させてエネルギーを稼ぎたければ、
1つのピストンに1つのフライホイールを配置して、
多気筒にすれば高回転型には出来ます。

ただし、その構造だと、
ハーレー独特の力強いトルク感が出ない、という事になるのです。

このように、エンジン構造ひとつとっても、
ハーレーダビッドソンのこだわりが感じられますよね。

そのこだわりがあったからこそ、
他のメーカーにはないエンジンフィーリングを私たちは楽しめるというわけです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク