ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーエンジン
基本構造
> ハーレーエンジンの基本構造:OHVとは?

ハーレーエンジン
基本構造

ハーレーエンジンの基本構造:OHVとは?

スポンサードリンク

さて、ハーレーダビッドソンの特徴としてOHVと言われる機構があります。
このOHV機構は構造的に、古いスタイルなのですが、
ハーレーエンジンのこだわりとして現在でも採用されているシステムです。

OHV はOVER HEAD VALVE(オーバーヘッドバルブ)の略称です。

その構造はシリンダー下部に配置されたカムシャフトが回転する事で、
楕円形のカムがプッシュロッドを押し上げ、ロッカーアームを動かし、
シリンダー上部に配置されたバルブを押し開けるという仕組みです。

つまりは、このOHVとはバルブを駆動するシステムを指します。
このバルブを開閉する流れが早く、
正確な程、高出力・高回転のエンジン特性となります。

バルブ駆動システムを古い順から並べると、
サイドバルブ⇒OHV→OHC⇒DOHCとなります。

サイドバルブはハーレーの初期モデルである,
フラットヘッドエンジンに採用されていたシステムですね。
現在では生産されていない古い構造です。

そして、OHCはオーバー・ヘッド・カム、
DOHCはダブル・オーバー・ヘッド・カムといわれるバルブ駆動システムで、
プッシュロッドを介せずに、カムが直接的にバルブを開閉するという仕組みです。

これにより、効率的に混合気の燃焼を実現させて、
よりパワーを得る事が出来るようになったわけです。

では、何故ハーレーもOHCやDOHCにしないのでしょうか?
その方がパワーも出るし、最高速度も出せるのに・・・

それはハーレーダビッドソンが、
スピードやパワーだけを追い求めているオートバイではないからだと考えられます。

ハーレー独特の低速からの力強いトルク感や、
機関車のように押し出すような加速感がハーレーダビッドソンの持ち味だということです。

この独特の持ち味=乗り味が、
世界でも類を見ない独特のエンジンフィーリングに繋がっているのです。
そして、そういったオリジナリティーがあったからこそ、
ハーレーダビッドソンは世界中のバイカーに愛されているのですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク