ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > フラットヘッドエンジンの特徴

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

フラットヘッドエンジンの特徴

スポンサードリンク

1929年〜1974年の間造り続けられた、
ハーレーエンジンの中で一番制作期間が長いのがフラットヘッドエンジンです。
バルブ駆動方式は現在のOHVとは違い、サイドバルブが採用されていました。

このサイドバルブというバルブ駆動方式ですが、
シリンダーの横にバルブが上向きに配置されて、
4つのカムによって上に持ち上げられて開閉するというシステムでした。

OHVのシステムは「ハーレーエンジンの基本構造:OHVとは?」に記述していますが、
OHVとはかなり違ったバルブ駆動システムであり事が分かります。

では、なぜ、バルブをシリンダーの横に配置したのでしょうか?

バルブをシリンダーの横に配置するよりも、シリンダーの上に配置した方が、
燃焼効率が良い事はすでに、この時代には分かっていたのですが、
それを実現する技術力がなかったのです。

そのため、この時代ではサイドバルブ方式が取られたわけです。

このサイドバルブ方式ですが、バルブが上に持ち上げられる為、
その分、バルブ可動分のクリアランスを確保しなくてはいけません。
結果、燃焼室が小さくなり、圧縮比を高くする事が出来ませんでした。

つまり、現代のエンジンと比べると、
燃焼効率の良くない非力なエンジンだったと言えるでしょう。

ハーレー サイドバルブエンジン1.jpg
「現代のハーレーエンジンと比べるとシンプルなフラットヘッド」

しかし、その構造のシンプルさとパーツ点数の少なさから、
ある程度のメカの知識と工具があれば、
十分なメンテナンスが出来るという優れた点がありました。

現代のエンジンでは、なかなかそうはいきませんよね。

そして、そのメンテナンス性の良さから、
警察車輌や軍用車輌としても採用されていたのです。

ハーレー サイドバルブエンジン2.jpg
「ヘッドまでブラックアウトしたフラットヘッドエンジン」

フラットヘッドという名称は、そのシリンダーヘッドを取り外すと、
バルブとピストンがフラット=平行な状態で並んでいる事から名付けられました。
これは、パーツ点数が少なく、構造がシンプルである事を示しています。

スポンサードリンク


スポンサードリンク