ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > ナックルヘッドエンジンの特徴

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

ナックルヘッドエンジンの特徴

スポンサードリンク

1936〜1947年にハーレーが製作したエンジンをナックルヘッドエンジンと呼びます。
このナックルヘッドの特徴はどういった点があるのでしょうか・・・

ハーレーダビッドソンが、フラットヘッドエンジンの次世代として世に送り出した、
エンジンがナックルヘッドエンジンです。

この、ナックルヘッドエンジンの特徴はOHV方式を採用している事。

つまりサイドバルブ方式から、
より燃焼効率の良いOHVを量産出来る技術力をハーレーが確立したという事です。

また、OHVについては「ハーレーエンジンの基本構造:OHVとは?」で扱っています。

初代OHVエンジンであるナックルヘッドエンジンは、
オイル潤滑の為シリンダー上部に配置されたバルブを押し下げる役目を担う、
ロッカーアームをカバーで覆う必要性がありました。

そして、そのロッカーカバーが拳状の形をしていたので、
ナックルヘッドと呼ばれています。

ハーレー ナックルヘッドエンジン1.jpg
「記念すべきハーレー初代OHV ナックルヘッドエンジン」

また、フラットヘッドエンジンは4カムでしたが、
このナックルヘッドエンジンから、1カムに変更になっています。
何故でしょうか?

1カムよりも4カムの方が基本的に機構としては優れているのは確かです。

しかし、サイドバルブからOHVへと変更になり、燃焼効率が上がり、
そのトルク・パワーが共に上がった分、フラットヘッドエンジンと比べると、
複雑な作りとなってしまいました。

OHV方式でありながら量産を行い、一定の品質を保つ為には、
4カムという複雑な構造と組み合わせるのは、必ずしもベストではなかったという事です。

つまり、品質を保ちながら量産出来るベストな選択が、
OHV+1カムだったというわけですね。

このOHV+1カムというスタイルは、
3世代先のエボリューションエンジンまで引き継がれていきます。

ハーレー ナックルヘッドエンジン2.jpg
「拳骨頭のナックルヘッド」

この他のフラットヘッドエンジンとの相違点としては、
シリンダー下のフライホイールが収まっているクランクケースを小さく簡素化を行った事や、
オイルをエンジン全体に行き渡らせる役割をするオイルポンプの改善などがあります。

OHV方式であるこのナックルヘッドエンジンは、
現代のハーレーエンジンの礎とも言えるエンジンですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク