ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > パンヘッドエンジンの特徴

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

パンヘッドエンジンの特徴

スポンサードリンク

1948年〜1965年、第二次世界大戦後に、
ハーレーダビッドソンが発表したエンジンがパンヘッドエンジンです。

ナックルヘッドエンジンが発表されてから、
10年以上の月日が立ち、戦争も終わった事から、
ハーレーはパンヘッドという新型エンジンの開発を行ったのです。

鍋状のロッカーカバーを配したこのパンヘッドエンジンですが、
主にエンジン上側、腰上と呼ばれる部分に改良点が見られます。

ナックルヘッドはシリンダーヘッドが鉄製でしたが、
パンヘッドエンジンからアルミ製のシリンダーヘッドに変更となったのです。
この変更により放熱性を高め、オーバーヒートの危険性を軽減しました。

この鍋状のロッカーカバーですが、実は3種類の材質を用いていました。
最初はステンレス製、次にアルミ製、そしてスチール製です。

ステンレス製は48年式のみの採用で、強度もあったのですが、
エンジンノイズが反響してしまい、とてもうるさかったそうです。

ハーレー パンヘッドエンジン1
「ハーレー2代目OHVエンジン パンヘッドエンジン」

次に、アルミ製へと変わりました。
そして、外見上のスタイルも良くするためにメッキを施しました。

当時の技術力ではメッキを施すなら、
スチールの方が簡単だったため、スチール製となったのです。

このロッカーカバー内にあるロッカーアームの配置方法も変更になっています。

ナックルヘッド時代はロッカーアームが、
カバー内で中空に浮かしたような状態で配置されていましたが、
パンヘッドエンジンでは、シリンダーヘッドにロッカーアームを固定しました。

ロッカーアームをしっかりと固定した状態で、
鉄製よりも強度のあるアルミ製ロッカーカバーで、
シリンダーヘッド部分をしっかりと覆ってオイル漏れも改善されたのです。

そのオイルの循環方法にも改善が見られます。ナックルヘッドでは、
シリンダーヘッド周辺にオイルが送られすぎて溢れることがありました。

こうした場合、そのオイルはプッシュロッドを通じて、
エンジン下部に戻っていたのですが、この方法はあまり効率が良くありませんでした。

ハーレー パンヘッドエンジン2.jpg
「ヘッド部分が鍋状のパンヘッドエンジン」

その為、パンヘッドエンジンでは、シリンダー内に通路を設けて、
そこをオイルが素早く通る事によって、オイルの循環性を改善したのです。

こうして、
パンヘッドエンジンは第2世代OHVエンジンとして、戦後のアメリカを駆け抜けたのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク