ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > ショベルヘッドエンジンの特徴

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

ショベルヘッドエンジンの特徴

スポンサードリンク

1966年〜1984年、
ビッグツインモデルにショベルヘッドエンジンが搭載されました。

この時期のハーレーダビッドソンが業績不振に喘いでいた事は、
「ハーレー悲運の時代 ショベルヘッドエンジン登場」で、触れています。

しかし、このショベルヘッドエンジンは当時の情勢に対応した、
鋳鉄製の素晴らしいハーレーエンジンと言えます。

1966年〜1969年に製造されていた、
ショベルヘッドエンジンをアーリーショベルと呼びます。

このアーリーショベルですが、
腰上はスコップ状のロッカーカバーで覆われた新設計のシリンダーヘッド、
腰下のクランクケースはパンヘッドと同じ形状を継承しています。

クランクケースの形状が、
パンヘッドと同じくピーナッツ状の形でしたがやはり改良点がありました。

強度アップのために一回り大きくして、かつ、パンヘッド時代にはあったフィンがなくなり、
見た目的にツルツルした感じとなったのです。

ハーレー ショベルヘッドエンジン1.jpg
「アーリーショベルエンジン」

アーリーショベルの時代の発電システムは、
パンヘッドと同様にジェネレーターと呼ばれる直流発電方法を用いていました。

それ故に、
この時代のショベルヘッドエンジンにはジェネレーターモーターという別名もあります。

また、
モアパワーということで、吸気効率を上げるために吸気バルブ径を大きくしました。

パンヘッド時代は吸気・排気バルブ共に同じ大きさだったのです。

圧縮率に関してもパンヘッド時代では、高圧縮モデルのみに採用されていた、
圧縮率が標準採用となり、明らかなパワーアップを果たしたのです。

1970年、直流発電のジェネレーターから、
交流発電のオルタネ−ターに変更となり、より効率良く大容量の発電が可能となりました。

これは、キックよりもセルモーターで始動するのが一般的になってきたため、
電機を安定供給出来るシステムが必要だったからです。
これ以降のショベルヘッドエンジンをオルタネ−ターモーターとも言います。

オルタネ−ター採用により、腰下の形状が、
それまでのピーナッツ状から円錐状に変更されます。

この形状が尖がっている事から、コーン・ノーズ・タイプと言われ、
そこからコーンショベルとも言われるようになりました。
この円錐状の腰下は、現在のTC96にも継承されています。

1978年から、それまで1200ccだった排気量が1340ccへとアップされます。

この際にストロークアップもされて、
ハーレー特有の鼓動感がより増大したという意見もありますね。

アーリーショベルとコーンショベルの違いは、見た目には腰下を見れば直ぐ分かります。

つまり、腰下がピーナッツ状なのがアーリーショベル、
円錐状なのがコーンショベル、というわけです。

ハーレー ショベルヘッドエンジン2.jpg
「コーンショベルエンジン」

では、
同じショベルヘッドエンジンで1200ccと1340ccの見た目の違いはあるのでしょうか?

それは、
ヘッド部分のロッカーボックスのセンター部分にフィンが立っていれば1200cc、
立っていなければ1340ccと判断する事が出来ると言われてます。

ハーレー最後の鉄製モーター、ショベルヘッドエンジンは、
現在でも多くのハーレーフリークに人気のあるエンジンと言えるでしょうね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク