ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > エボリューションエンジンの特徴

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

エボリューションエンジンの特徴

スポンサードリンク

1984年〜1999年、ハーレー第4世代OHVエンジンとして、
エボリューションエンジンが発表されました。

このエンジン発表時には、AMFからの独立に成功している事は、
「ハーレーの復権をかけたエボリューションエンジン登場」で触れています。

バイバック後、初のハーレーダビッドソン製エンジンとなる、
エボリューションエンジン(以下エボエンジン)は、
ショベルヘッドが鋳鉄製だったの対して、
アルミを採用して放熱性の向上と軽量化に成功しています。

そして、このエボエンジンは、コンピューターを導入しての設計となり、
まさに近代的なエンジンとして、それまで業績不振だったハーレーを蘇らせたのです。

ショベルヘッドエンジンのように鉄製だと熱膨張するため、
それまではエンジンのクリアランス(隙間)を多くとっていましたが、
アルミの採用により鉄ほど熱膨張を気にしなくて良くなったのです。

しかし、アルミは鉄よりも強度は低い為に、
ヘッド〜シリンダー〜クランクケースまでを貫通ボルトで繋ぎ、
エンジン全体での強度と精度の向上を狙いました。

ハーレー エボエンジン1.jpg
「ヘッドの3層構造が特徴的なエボリューションエンジン」

このエボエンジンは、ブロックヘッドという別名がありました。
その由来はヘッド部分が四角い3層構造になっている為です。

つまりロッカーカバーが3層構造になっており、
上層部から順番に分解出来る事が出来て、メンテナンス性も向上したのです。

しかし、何故か、
このブロックヘッドという名称は定着せず、
【エボ】という言い回しの方が一般的のようですね。

年式を重ねる毎に時代と共に、改良を行っていきました。
ハイウェイの最高速度引き上げに伴い、よりスピードが出しやすく、
耐久性も上げるために、排気量は1340ccのままにフライホイールの軽量化を行い、
高速時での振動軽減を行ったのです。

ハーレー エボエンジン2.jpg
「ブラックアウトされたエボエンジン」

ショベルヘッドと比べると変わったところも多くありますが、変わらない点もあります。

それは空冷45度 OHV V型2気筒という点はもちろんですが、
それまでのビッグツイン同様に1カムである事も挙げられます。

やはり、ハーレーダビッドソンは、時代と共に進化しながら、
頑なに伝統のスタイルを大切にするモーターサイクルカンパニーである事が伺えますね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク