ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > TC88エンジンの特徴1

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

TC88エンジンの特徴1

スポンサードリンク

1999年〜2006年、
エボリューションの次にハーレーダビッドソンが送り出したエンジンが、
TWINCAM88ことTC88エンジンです。

この1450ccの排気量を持つTC88エンジンが生まれた背景は、
現代の交通事情や環境問題が関係しています。

詳細は「更に進化を遂げたハーレーTC88エンジン登場」で触れています。

それまで1340ccだったエボリューションと比べると、
ボアアップにより110ccの排気量アップを実現しました。

また、ショートストローク化とフライホイールのコンパクト化を行い、
今までのハーレーエンジンと比べると高回転型のエンジン特性を持たせたのです。
こうする事によって、現代交通事情に合ったパワーを手に入れたわけです。

ボアとは、シリンダー内径を指します。
そして、ストロークとは、シリンダー内をピストンが動く距離を言います。
ちなみに排気量=ストローク×シリンダーの断面積となります。

このTC88エンジン、なぜツインカムと言うのでしょうか?

それは、単純にカムが2つになったからです。

今までのビッグツイン系のハーレーエンジンである、
ナックルヘッド、パンヘッド、ショベルヘッド、エボリューションは全て1カムだったので、
大きな違いである、というわけです。

では、何故TC88エンジンからツインカムになったのでしょうか?

ハーレーロードキングTC88エンジン.jpg
「ファットヘッドという別称もあるTC88エンジン」

エボリューションまでのビッグツイン系のエンジンが全て1カムだったのは、
前述しましたが、その理由は加工精度に問題があった為と考えられています。

しかし、ツインカムを開発する頃にはその問題もクリアー、カムを2つ=ツインカムとして、
バルブ開閉タイミングの適正化=現代環境に合った適正な燃焼を実現したのです。

TC88エンジン以前のカム駆動の流れは、
フライホイールの回転力が直接カムシャフトを回転させてカムを動かしていました。

カムが動く事によって、プッシュロッドを上下に動かして、
バルブを開閉させていた、というわけです。

ですが、
1つのカムでフロントとリアのシリンダーにある4つのバルブを動かしていた為、
バルブタイミングに課題が残りました。

一方、TC88エンジンでは、
フライホイールからサイレントチェーンと言われるチェーンを介して、
リアシリンダー側のプッシュロッドを動かすカムに回転力を伝えます。

次に、そのカムの水平位置にあるもう一つのカムへサイレントチェーンにより、
回転力を伝えて、フロントシリンダー側のプッシュロッドを動かすわけです。

カムを2つにする事により、2つのシリンダーにそれぞれカムが配置されて、
バルブの開閉タイミングがよりスムーズになったというわけです。

また、サイレントチェーンとは、メカノイズを軽減する効果があります。
これは、騒音規制への対処であると考えられますね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク