ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴 > レボリューションエンジンの特徴

ハーレーダビッドソン   歴代エンジンの特徴

レボリューションエンジンの特徴

スポンサードリンク

2002年に発表されたVRSCシリーズに搭載されたハーレーの新型エンジンである、レボリューション。このエンジンは今までのハーレーエンジンとは全く異なったエンジン構造です。
では、どういった点が違うのでしょうか?

ハーレーダビッドソンの伝統的スタイルと言えば、空冷OHVエンジンでした。今でもその基本スタイルは変わっていません。しかしこのレボリューションエンジンは、水冷DOHC エンジンとなったのです。

ハーレー初の水冷エンジンとなったレボリューションを搭載しているモデルは、
V-RODファミリーです。直線的なドラッグスタイルがとてもクールなモデルですね。

空冷とは、走行時の自然風でエンジンの熱を冷やすシステム。水冷とは、クーラント液と呼ばれる冷却水をエンジン周辺に循環させる事によって、より効果的にエンジン熱を冷やすシステムです。つまり、エンジンが熱を持ちにくいという特徴があります。

そして、DOHCとはOHVの進化系とも言えるバルブ駆動システムです。OHVに関しては
「ハーレーエンジンの基本構造:OHVとは?」で触れていますが、このDOHCとはダブル・オーバー・ヘッド・カムと言われるシステムで、現在のオートバイや車の殆どで採用されていると言えるでしょう。

シリンダーの上、つまりヘッド部分にカムを配置するからオーバー・ヘッド・カム=OHCとなります。このOHCはカムがロッカーアームを動かして、バルブを開閉するシステムです。そして、その進化系であるDOHCでは吸気と排気のバルブごとにカムを独立させて、ロッカーアームをなくし、直接的にカムがバルブを開閉するシステムなのです。

ハーレー V-ROD.jpg

つまり、カムからバルブまでの流れを簡略化して、より効率よく、かつ、正確にバルブを駆動出来る最適なシステムがDOHCというわけですね。これにより燃焼効率が上がり、より効率的に高出力が得られるというわけです。

ハーレーダビッドソンの特徴であるロングストロークエンジンとは対象的に、ショートストロークである事もこのエンジンの特徴と言えます。ストロークに対して、ボアの方が大きい、という事ですよね。つまり、高回転型のエンジン特性に味付けされている事を示しています。

また、ビッグツイン系では2バルブが基本のハーレーエンジンですが、このレボリューションは4バルブを採用しています。4バルブにする事により、燃焼効率を上げるにふさわしいシリンダー形状にし易い為です。

V-RODモデルはハーレーらしくない、という意見もありますが、
ハーレーならではの洗礼されたデザインに、初の試みである水冷エンジンを搭載した、
ハーレーダビッドソンの意欲作といえると思います。

このV-RODファミリーは、現在も進行系で様々なモデルを生み出し、
新しいハーレーユーザーに愛されているようですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク