ハーレー情報サイト 【Harley-Vibration】 > ローリングシャシー

ローリングシャシー

ハーレーの骨格部分を担っているフレーム。このフレームを中心にハーレーが走る為の様々なシステムが絡み合っています。そのシステムを見ていきましょう。

スポンサードリンク

ハーレーのフレームの変遷

ローリングシャシーとは一体何を指すのでしょうか?
オートバイの骨格を形成するフレーム+スイングアームをシャシーと言います。
そして、このシャシーにホイールやサスペンションが組まれた状態の形態をローリングシャシーと呼ぶのです。つまり、ハーレーがオートバイとして走る為の基本骨格の事ですね。

「ハーレーのフレームの変遷」詳細はこちら

ハーレーのエンジンマウント方式

リジッドフレームから、リアサスペンション、スイングアーム付きのフレームへと時代と共にフレームワークは進化してきました。そして、フレームへエンジンを搭載する方法にも新たな手法が開発されたのです。

「ハーレーのエンジンマウント方式」詳細はこちら

リアサスペンションの役割

ハーレーの基本骨格であるフレーム。このフレームには様々な形状がある事が分かりましたね。リジッドフレームからリアサスペンション付きのフレームへと進化したわけですが、今回は、このサスペンションについてお話ししていきます。

「リアサスペンションの役割」詳細はこちら

フロントフォークの役割

サスペンションの仕組みとして、リアサスペンションを見てきました。次はフロントサスペンションを見ていきましょう。このフロントサスペンションですが、フロントフォークと言った方が馴染みがあるかも知れません。

「フロントフォークの役割」詳細はこちら

ホイールについて

フレームとリアサス、フロントフォークとローリングシャシーを構成する機構を見てきました。最後にホイールについて触れたいと思います。

「ホイールについて」詳細はこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク